top of page

HAPPY RIDE 55F 解説 トップチニング専用設計

ハッピーライド55の解説記事です。

ブリームゲーム、トップチニングなどをメインに考えたトップウォータープラグです。トップウォータープラグでもポッパーのジャンルです。55㎜というサイズ感であるためポッピングは竿先を水面近くまで寄せたときが一番ポッピングします。しかし、ショアからの釣りとなるとほとんどが水面よりだいぶ角度がついた状態になるためポッピングの強弱でいうとペンシル程度と考えていただければよいかと思います。




チニングにおいてのポッパーとなるとポッピングが大きい(音や波飛沫が強い)ものを多用していました。しかし、圧倒的にペンシル系のルアーでの釣果が高くチニングにおいてルアーはペンシルベイトに偏っていました。自分にとってはサイズも大きくて使いずらい印象。そんな中で、ポッパーでありつつペンシルプラグの要素、サイズ感といったもののを考えてハッピーライドを設計しました。移動距離を抑えつつ左右にドックウォークするためチヌ独特のバイトに対応したしだいです。サイドウイングというボディからはみ出した突起は特に移動距離を抑える働きがあります。そもそもチヌの口というのはシーバスに比べて小さくとても固い歯をしています。そのため、一度のバイトに対しての吸い込む範囲や水量、吸引力というのも変わってくるはずです。そのため、小さなプラグはチヌの小さな口に入りやすく移動距離を抑えることによりバイト時の吸い込む範囲内でのアクションができるという利点があります。また岸壁や障害物などのストラクチャーに着くチヌに対しても有効でピンスポットでアピールもできます。ペンシルベイトではアクション時の移動距離が大きくアピールは2回程度といったところに対しても、ハッピーライドでは3,4回アクションし続けることができるようなイメージです。ストップアクションなどの食わせの間をとりバイトに持ち込むというのも効果的な場面もありますが、見切られず絶えずアクションし続けることによりバイトに持ち込むことができるというメリットがあります。



ほぼペンシルベイトのように上下浮き沈みがなく、アクション方法としてはシェイキングに近いロッドアクションでも動作可能になっており通常のルアーに比べロッドアクションは繊細さを意識してロッドアクションされることをオススメいたします。

対象魚としては、チヌ以外にも効果的場面あるかと思いますので、ぜひルアー特性を生かした釣りに使用してみてください。


V0.2(バージョン0.2)モデルは、ボディを強化。若干アクションにも変化があり、カラーアピールも強化しております。


2022年7月 Ver.0.3 アップデートを公開

V0.2モデルと同ボディ、同ウェイトです。ボディ形状やボディ強度、バランスを変更しました。その他、品質改善となっております。


2023年6月 Ver.1.0 アップデートを公開

A.P.P設計技術向上に伴うパフォーマンスの向上が図られております。ボディ形状高さを変更。カップの水受けもアップし細かなハッピーターンより演出させやすい仕様となっております。Ver.0.3に続き鉛なし、ボディウェイトバランスを採用しております。ボディ内部各所、強度アップの設計が組み込まれております。


スペック:55mm フローティング 7g


Ver.1.0プロトモデルチェックでヒット。苦手なベイトタックルでもルアーの操作感は良くなってます。









A.P.PチャンネルにてHAPPYRIDE55Fを使った釣行動画も公開中!


HAPPYRIDE 55F ルアーショップにて取り扱いしております。オーダーカラーでの制作も1個から受け付けております。





閲覧数:97回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page