夏のチニング 8月の釣行まとめ


20208月、長崎でのチニングメインの釣行記事をまとめております。

河川上流域攻略 8月1日 

 正午に前日の反応の良かった川へ!前日同様ルアーを通すとすぐ足元でヒット。

今回は赤系のカラーであるHAPPYRIDE 55FのトマトシルバーにRIDEON集中!

カニやチヌの餌となっているハゼ類のベイトフィッシュも確認でき、マッチザベイトカラーを意識確認。その後、同じパターンで中洲付近でチヌを追加し2匹で釣り終了。


ロッド:7フィート3インチ

リール:2500番

ライン:PE0.8号

リーダー:フロロカーボン2号

ルアー:HAPPYRIDE 55F(A.P.P )他




ウェーディングでチヌ狙い 8月2日

 今回は朝マズメにてウェーディングでチヌを狙ってきました。ポイントは連日反応のいいポイント。

満潮前後で背びれを出すほど、シャローエリアにチヌが回遊してきている状況でした。

トップウォータープラグのHAPPYRIDE55Fにてチェックしたものの反応は渋い、すぐには釣果には結びつかない時間が続きました。

チヌを探していると、水路からの流れ込みエリアにチヌを発見。

流されるベイトフィッシュを意識しルアーを通すとバイトまで持ち込めました。


ロッド:7フィート3インチ

リール:2500番

ライン:PE0.8号

リーダー:フロロカーボン2号

ルアー:HAPPYRIDE 55F(A.P.P )他




2020年8月6日 長崎南部にソロキャンプ&釣り

 ナイトシーバスからスタート!目ぼしいポイントをチェックするも、セイゴサイズを2匹バラし・・・キャンプにて休息。

「外めしうまい!」

朝マズメは磯シーバス狙いと堤防でのエギングをするも釣果なし。帰り道、気になった河川周りをチェックするとチヌがサスペンドしているのを発見。

「HAPPYRIDE 55F」に1投目で反応してくれ49㎝の良型のチヌとなりました。

その後、岸壁を回遊しているチヌへ「MUSTANG55S」をアプローチ!

さらにもう1匹チヌをキャッチ

長崎南部方面でもチヌに楽しませてもらいました。


ロッド:7フィート3インチ

リール:2500番

ライン:PE0.8号

リーダー:フロロカーボン2号

ヒットルアー:HAPPYRIDE 55F(A.P.P )、MUSTANG55(A.P.P)他





2020年8月7日 トップウォーターゲーム チヌ

 久々の雨の影響で活性の上がったチヌがいないかチェックしてみました。

河川付近は雨の影響で、水が増えているのと濁りが少し効いている状況。

チヌは流れのよい表層付近に漂っており、トップウォータープラグで狙いやすい位置。

そして橋脚から外れるように泳ぐチヌへ、上流からアップクロスにてアプローチするとルアーに追尾。すぐにバイトに持ち込み、RIDEON!流量のある場合において、ルアーアクションが早すぎるとチヌがしっかり口にできないシーン。「HAPPYRIDE55F」移動距離を抑えつつ、左右に小刻みにアクションできるのが効きます。その後、トレースコースを変えつつポイントをチェックしていきましたがチヌからの反応は得られず釣り終了。


ロッド:7フィート3インチ

リール:2500番

ライン:PE0.8号

リーダー:フロロカーボン2号

ヒットルアー:HAPPYRIDE 55F(A.P.P )






連日チニング 2020年8月8日

 湾内は荒れ模様で、ポイント、魚のポジションが狭まることで、魚との出会う確率が上がることもアリ!河口付近でのバイトが集中して、荒れる状況の中でもチヌの群れが確認できました。昼間でもあり橋脚のシェード付近に集中。しかし、ミスバイトが連発。

波と風が強くうまくルアーを操作する必要がありました。

そこでアクションを、いつも以上に強くしっかりと水中でアピールさせるとフッキングすることができました。

その後、波が高い状況での感覚を掴み、サイズダウンするも2匹目の魚で終了。


ロッド:7フィート3インチ

リール:2500番

ライン:PE0.8号

リーダー:フロロカーボン2号

ヒットルアー:HAPPYRIDE 55F(A.P.P )





8月9日 長崎県大村市周辺

釣果はトップウォータープラグで2匹。

荒れている状況が続いている大村湾でチヌが散っている状況。

濁りも目立ち、影響の少ない河川上流エリアでのチヌと橋脚など、障害物周りを中心に探っていくことに。河川上流部では遠目からアプローチし魚に警戒心を与えないように注意。

チヌのチェイスがあったものの、反応は渋っていたのでカラーチェンジ1投目にてキャッチ成功。2匹目はポイントを移動して、橋脚周りを丁寧にルアーを通すとナイスなアタックが待ってました。


ロッド:7フィート3インチ

リール:2500番

ライン:PE0.8号

リーダー:フロロカーボン2号

ヒットルアー:HAPPYRIDE 55F(A.P.P )





8月11日、釣果はチヌ4匹!

天気は雨上がりの曇り。雨の影響で増水の河川を見てみると、チヌの群れを発見。

元気よく泳いでいるのを見ると、活性も上がっているか?ルアーに反応するチヌを探してみると、1匹目をヒット。雨の水を好んでいるのがわかったので、影響のあるエリアをHAPPY RIDE55F、SLIDE WIPER55S、MUSTANG55Sを使いながら釣果を伸ばすことができました。これらのルアーはチヌとの相性もよく、ローテーションさせながら使用しチニングゲームを楽しめました。


ロッド:7フィート3インチ

リール:2500番

ライン:PE0.8号

リーダー:フロロカーボン2.5号

ルアー:HAPPYRIDE 55F(A.P.P )

       SLIDE WIPER55S(A.P.P)

       MUSTANG55S(A.P.P)




8月12日、先日と同じポイントをHAPPYRIDEにてチェック。量産型ザクのカラーリングのMS-06風カラーでGET!


8月13日釣果はチヌ1匹。

 久しぶりの朝マズメからの釣りとなりました。涼しい時間帯でしたが、チヌの活性のいいポイントを探していく展開になりました。波も落ち着いているので、海岸沿いのチヌの群れをチェックしてみる。するとHAPPYRIDE55Fにいい反応が出始めました。

潮も引いている状況でいつものポイントより沖に群れがいるような印象でした。メイタクラスを1匹釣りあげた後、チヌのバイトがあったものの根ずれによりバラシてしまい終了。

ラインバランスとドラグ調整をもう少しシビアに調整していく必要がありました。

気温も高くなりグリースやオイルが溶け出しやすくなることが考えられるので細目なチェックやメンテナンスに気を付けて釣行に備えたい所です。


ロッド:7フィート3インチ

リール:2500番

ライン:PE0.8号

リーダー:フロロカーボン2.5号

ヒットルアー:HAPPYRIDE 55F(A.P.P )






久々のオフショアへ! 2020年8月14日

今回は初めて伊万里の入船丸にお世話になってきました。

この時期は朝マズメのトップウォーターゲーが楽しめるとのことでトップウォータールアーであるHAPPYRIDEやSLIDEWIPER等のA.P.P のルアーが活躍できるか楽しみにしつつ佐賀の伊万里へ向かう。出航後ポイントにつくと、ボイルがすでに起きている活性の高さ。

期待しつつキャストを開始。すぐに同船者にヒットがあるもののサイズは小ぶりなようでセイゴやフッコクラスサイズが目立つ状況のスタートとなりました。

アクションに気を使いながらポッパーを操作するとフッコクラスがHAPPYRIDEへヒットしようやく1匹目をキャッチ。だんだん明るくにあるにつれ、同船者の方たちにもヒットが多くなり良型のシーバスもぽつぽつ上がり始めました。サイズアップを図るべくルアーをSLIDEWIPERへチェンジ。レンジを少し下げて、ベイトであるイワシとの姿勢を合わせるとバイト数UPに成功。そして激しいバイトがあったもののラインブレイク。

その後は、アタリが薄くなるものの周りにはシーバスがボイルしている状況にもどかしさを感じつつアプローチしていきました。ルアーにもシビアになっている状況からレンジやアクション方法等も教わりつつ試行錯誤しながらの時間を楽しみました。

最後のポイントではキビレやチヌも混じるポイントで、ルアーによく反応してくれました。

HAPPYRIDEにまたもや強烈なバイトがあったものの、ラインブレイクに終わり幾度か良型のシーバスとの機会に恵まれたもののキャッチすることができまないまま終了となりました。状況としては、渋っていたとのことでしたがアクション方法やルアー選択でも釣果に影響するのでヒットパターンを見つけるのも大変。攻略も簡単にはいかないとのことで、とてもスキルアップにつながった釣行になったと思います。

大量のベイトフィッシュのいる状況でのトップウォーターゲームはとてもエキサイティングでした!HAPPYRIDEやSLIDE WIPER55S等のサイズ感とアクションはトップウォーターシーバスにて1つの選択肢として通用するものだと感じとりあえず安心できました。



ロッド:7フィート3インチ

リール:2500番

ライン:PE0.8号

リーダー:フロロカーボン4号

ヒットルアー:HAPPYRIDE 55F(A.P.P )、SLIDE WIPER55S(A.P.P)





8月29日、釣果はチヌ4匹。

長崎南部方面を朝マズメにチェックした流れで大村でのトップチニングを開始。

河川をチェックしてみるとチヌの群れもだいぶ散ってきてはいるのと、チヌのポジションが変わった様子。いつもとは違うエリアに変更し移動してみると、イワシの群れについているチヌを発見。日も高くはなっていましたが、その日はチヌがイワシを追っている様子も見ることができ活性も高い。また、イワシについているチヌなので「HAPPY RIDE 55F」にも反応はよく、コンスタントに釣果を上げることができました。


ロッド:7フィート3インチ

リール:2500番

ライン:PE0.8号

リーダー:フロロカーボン3号

ヒットルアー:HAPPYRIDE 55F(A.P.P )





2020年8月30日

釣果はチヌ2匹となりました。朝マズメから開始したものの、数回のルアーへのバイトがあるだけでヒットにはつながりませんでした。イワシに群れにはまだついているようでしたのでポイントを探しつつラン&ガンにて釣りを展開し広くポイントをチェックしました。

日が高くなった時点と潮返しのタイミングを狙い堤防際をポッパーで通すとルアーへの反応が良かったです。サイズは小型なものの時間をかけ2キャッチすることに成功。カラーローテーションしスレさせずにチヌへアピール。チヌが追ってくるタイミングで、食わせの間などを取るなどしてチヌへのバイトに持ち込みました。


ロッド:7フィート3インチ

リール:2500番

ライン:PE0.8号

リーダー:フロロカーボン3号

ヒットルアー:HAPPYRIDE 55F (A.P.P )






閲覧数:6回0件のコメント