MUSTANPLUG 100S 解説





対シーバスをターゲットに制作したマスタンプラグ100S。ウォブンロール主体のミノーが主流となっている中、ウォブルアクションによる強い波動が特徴。ルアーシルエットも特徴的でウォブリングが活きる形状と共に、レンジキープ力も持ち合わせております。

磯ヒラスズキゲームにおいては、ルアーの存在感を出すことでルアーにいち早く気づかせ、バイトまで持ち込む事が可能。シンキングミノーでありつつサブサーフェイスのレンジもカバー。トレース域が広いので、あらゆるシーンに対応しやすいミノーとなっております。ラン&ガンスタイルにおけるミノーの適応能力の高さは、ルアーローテーションを減らし、ストレスの少ない釣りへと繋がっていきます。



磯際での流れも複雑となる中、水を押して波動でアピールしたい場合に有効。

サイドライドベイトカラーでは、ルアーシルエットよりシルエットの小さなベイトフィッシュを演出したカラーリング。波動によるアピールで広範囲からルアーに寄せて、カラーリングでバイトまでの最終判断まで持っていくことを意識したカラー。また、群れをなしたベイトフィッシュをイミテート。


リップ一体型ルアーであり、アクションから強度までテストを重ねバランスの調整を繰り返したA.P.Pのミノーとなっております。

細身のシルエットでありつつ、強めの波動がコンセプトとなっているミノーです。


スペック:Ver1.1ンキングタイプ 100㎜ 22g 



「アップデート履歴」


Ver.1.0モデル:ボディスリム化とアクションをより引き出すウェイト調整を施しました。フックなし20ℊは、以前と変わりありません。


Ver.1.1モデルを公開。さらにボディ、各アイ接着強度、リップ部分の強度、バランスを見直すことでパフォーマンス向上を図りました。特にボディバランスも良くなり、安定したスイムアクション、飛距離アップへ貢献しております。
















閲覧数:12回0件のコメント